中途社員にも研修は必要?実施するべき内容とは!

中途社員はバックグラウンドがバラバラ

中途社員が入社してきたときに大きな問題になるのが、新卒で採用した社員に比べてバックグラウンドがバラバラなことです。新卒で採用した際には基本的に純粋無垢で、他の企業文化には染まっていません。しかし、中途社員の場合には多かれ少なかれ今まで勤めていた企業の風土に慣れていて、働き方や考え方にこだわりが生じています。中途社員に研修を実施する際には、バックグラウンドの違いを考慮して自社風土に合わせる施策を練るのが肝心です。特に複数の中途社員を同時に入社させるときには足並みを揃えさせ、どちらも社風に合った考え方を持つように仕向けることが研修では重要になります。技術などよりも意識の改革が必要だと考えると良いでしょう。

中途社員の研修のパターン

中途社員に対して実施する研修のパターンとしては二通りあります。一つは企業理念やビジョン、行動指針などに関する教育を実施することです。企業規模が大きいときに有効な方法で、代表取締役や執行役員などが話をして働き方や考え方の基本を伝えるのが良い方法でしょう。もう一つのパターンは社員とのコミュニケーションの機会を設ける方法です。言葉で伝えるよりも、実際に働いている社員と共同作業をして、どのような考え方で働く必要があるのかを直感的に理解してもらうのは効率的です。企業規模が小さいときに有効な研修で、社員とのコミュニケーションに慣れる上でも重要になります。

どちらの場合にも入社後すぐに実施するのが効果的です。採用活動を並行してスケジュールを組んでおくのが大切です。

社員教育は会社独自に行うものです。その会社で仕事をするのに必要なスキルや業務の基礎知識を学ぶことが多いです。