自分でもガラス交換修理が可能!実施する時の注意点3選

小さい部品を紛失しないように注意

iphoneに使用されている部品はとても小さく、しっかりと管理しないと紛失してしまう恐れがあります。1つの部品が紛失することで、iphoneを正常に起動させるのができなくなる場合もあるので、絶対に紛失しないように気を付けないといけません。ガラス交換をする際、少なからず部品やパーツを分解し、交換修理を実施することが必要です。分解した部品を所定の場所に管理したり、何度も確認することで紛失という状況を回避しやすくなります。

iphoneは衝撃に弱いので気を付けること

ガラス交換修理をする際、上手く実施できなくて人によってはiphoneに大きな衝撃を与えてしまう場合があります。もし大きな衝撃を与えてしまった場合、大切なデータが消失するだけではなく、起動できなくなるリスクが出てくるので要注意です。ガラス交換修理をする時は、大きな衝撃を与えないように気を付けながら慎重に実施するのがポイントです。多少時間がかかってもいいので、ゆっくりと慎重に行っていけば、衝撃をできる限り与えないで済みます。

静電気や水に弱いので慎重に行う

ガラス交換修理をする場所や環境はとても重要で、まずは水回りで実施するのはよくないです。その理由としてiphoneは水に弱く、ちょっとした水によって故障に繋がる可能性が高まります。また静電気も気を付けなくてはいけなくて、故障してしまう確率が高いです。ガラス交換修理をする時は、水が近くにない環境で実施することが必要です。更に静電気除去できるシートなどを近くに準備しておき、発生しないように対策することが求められてます。

iPhone修理をする場合、AppleCareに加入していると2年間サポートしてくれるので、無償修理の対象になる可能性があります。