ECサイトを構築する方法と円滑なサイトの運営に必要なこと

そもそもECサイトとは?

ECとはeコマース、つまり電子商取引のことです。ECサイトというとネットショッピングのサイトをイメージするかもしれませんが、それだけではなく個人間で取引するネットオークションを行うサイトもECサイトに含まれます。ECサイトにはいろいろな企業が参加するショッピングモールのようなモール型と、自社ECとがあります。自社ECを構築する方法にはASPやオープンソース、パッケージなどがあり、それぞれに異なる特徴を持っています。ここでは一例としてパッケージについてご説明します。

EC構築におけるパッケージとは?

ECサイト構築におけるパッケージとは、在庫や商品を管理するシステムやサイトのデザインといったものがセットになったサービスのことです。他の方法を用いる場合に比べると費用は高くなりますが、必要に応じて機能をカスタマイズすることができるため自由度が高いことや、パッケージの提供元からサポートを受けられることがメリットとなっています。パッケージを選ぶ時には運用コストがどの程度かかるか、同業他社での導入実績はどの程度あるのか、どのようなサポートが受けられるのかといったことを参考にして検討します。

情報発信をすることが必要

折角満足のいくサイトを作り上げることができても、サイトに来てくれる人がいなければサイトの運営は上手くいきません。たとえばSNSを使って積極的に情報を発信してサイトの存在に気付いてもらったり、より多くの人に興味を持ってもらうことがサイトの運営を円滑にするために必要なことといえるでしょう。

ネットショップを開店しようとすると、注文受付や入金の仕組みなどが必要になりますが、通販システムのパッケージなら必要な機能が一通りそろっています。