マーケティングオートメーションとは?活用できる機能を知ろう!

マーケティングオートメーションについて

マーケティングオートメーションは、営業活動の下地となるマーケティング活動を自動化できるシステムです。今までであれば、顧客の動向や好みを知るために、多くの人材を投入して調査したり情報収集したりしていましたが、マーケティングオートメーションを利用すると、少ない人数で顧客情報と結びつく行動履歴などを収集して分析し、一人一人の顧客に合わせた効果的な営業アプローチをかけることができます。

マーケティングオートメーションを使用する利点の一つが、顧客の育成であるリードナーチャリングです。多くの場合、新たな顧客とコネクションを持てても、すぐに利益に結びつくわけではありません。顧客に対して継続的に情報を提供するなどして興味や関心を高めていくことが大切ですが、大きな労力が必要となるこちらの業務を自動化できるマーケティングオートメーションへの期待は大きくなっています。

マーケティングオートメーションで活用できる機能

マーケティングオートメーションでまず活用したいのが、自社のコンテンツやユーザーが最初にアクセスするランディングページの作成機能です。ユーザーにとって理解しやすく、興味を持ちやすいコンテンツを増やすことで、マーケティング活動をより効果的に行うことができます。コンテンツを充実させたら、リード情報やリストを管理する機能を使い、顧客のパーソナル情報とアクセスしてきた履歴を結び付けて一元的に管理します。そして、スコアリング機能をセットして顧客の興味の度合いを見極めるとともに、分析機能を使ってコンテンツの有用性を検証すると、より良いシステムにしていくことができます。

マーケティングオートメーションは、マーケティング活動を自動化する事で効率性を高めます。収益アップを目的としています。