プライバシーの情報が心配?スマホやパソコンの管理をしよう!

スマホやパソコンのプライバシーを守ろう

スマホやパソコンの中に保存がされているプライバシーの情報が悪用されると、精神的や金銭的なダメージを受けてしまうケースも多いです。もしも、それらの機器に何も対策をしていないのなら、今すぐにでもプライバシーを守るための適切な対策を行うべきです。プライバシーがデジタルデータとして流出してしまうと、手間をかけずにコピーが行えるので、被害がどんどんと大きくなる可能性があります。

セキュリティアプリをインストールしよう

端末にあるプライバシーを守りたいのなら、勝手に暴露してしまうウィルスに感染しないように、セキュリティアプリをインストールしましょう。完全に無料で利用できるものから、サポートがしっかりとしている有料のものまで、いろいろとあるので好きなものを選ぶとよいです。ただし、インストールを行う前に、評判をしっかりと確かめましょう。中には、セキュリティアプリのふりをしたウィルス入りのアプリもあるので、気をつけなければ、自分からプライバシーを流出してしまいます。心配なら、大手のセキュリティアプリ会社が提供してくれるものを使いましょう。

アプリをインストールするときは慎重に

ウィルスではないアプリでも、プライバシーの情報を送信する場合があります。もしも、『アプリの権限』に、写真やアドレス情報へのアクセスなどが含まれているのなら、いつの間にか大切なデータが開発者の手に渡っている可能性があります。『アプリの権限』はあらかじめ調べられるため、しっかりとチェックした上で安全なものだけインストールしましょう。

どこの会社にもライバル会社にも知られたくない機密文書はあるはずです。そんな文書は会議などが終了したらシュレッダー処分して機密を保持することが大切です。